C'est la mode -en kangoo-
kangoo authentique との日々。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旦那が本を出してきた
2006年 01月 23日 (月) 18:58 | 編集
昨日福山から戻ると、
旦那が自分の部屋から本を持ってきて
「はい、お勉強しな」と言った。








そして、ネットにきっとクチコミがたくさんあるはずだから、
いいとこも悪いとこも一通りチェックしなさい、
自分は時間が無いから結果も教えるように。
オーセンティックとシトラスサウンドパック、レギュラータイプの
印象のようなものもきけたらききなさい。


そう指令が下りた。
本を読むのはいい。
ちょっと興味がわいただけで、
クルマ関係の本が楽しくてしょうがないから。
ネット検索も時間さえかければできる。


ただ、印象をたずねるといっても…誰に?
フランス車のことロクにわからない私がたずねて、
誰が教えてくれるというのだ?
カングーオーナーのサイトはたくさんあり、
それをいくつかROMってはいたが、
皆さんすごくコアなオーナーさんたちのようだし


もう、ほんとに清水の舞台飛び降りるって感じで
その中で一番メジャーっぽいサイトのBBSに
不躾無作法を承知で「たのもー!!!」


きっと昼間はお仕事の方が多いはずだから
返事がもらえるとしたら夜?
どうしよう門前払いされたら
まるっきりスルーもいやぁ!
((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル


しかしうちの旦那の書棚は、
徳大寺ものが多いなぁ?
以前広島市内のアパートだったとき
ケーブルテレビでよくみたおじさんよね
自動車会社の広報の人とかに辛辣コメントしまくってて
それを旦那大笑いしながらみてたっけ


謎のおじさんだ
とりあえずコレステロール値高そう(笑
≫ "旦那が本を出してきた" の続きを読む...
スポンサーサイト
旦那所蔵本をまた読む。
2006年 01月 17日 (火) 20:25 | 編集
旦那の本を読んだ。
トイレに置きっぱなしになっていたので笑






はぁ、一気に読破
全然知らないことばかりだった。
私の運転は、よくないことばっかりだった。
そして、読破と言いながら、わからない言葉ばっかり


女ってほんと何も知らないでよくクルマ乗ってるなぁと
自分のことなのにびっくりしてしまう
(勿論よくご存知な女性もいらっしゃいますが)
わからない言葉っていっても、
男性なら誰でも当然知ってる単語ばかりなのだ。
私の耳にもよく届いてるのに、
なぜ今まで「知ろう」と思わなかったのだろう。


ネット百科事典で検索かけながらもう一度読もう。
最初の検索ワードは…「シリンダー
あーーそこの人見捨てないでーー
たぶんクルマに乗ってる主婦の殆どがわからないんだから!
旦那の書斎で本をあさる。
2006年 01月 10日 (火) 19:39 | 編集
カングーのこともっと知りたくなった。
旦那の言っていた「ラテン車」って呼び方さえ
全く車音痴な私にとってははじめて聞くようなもので。


広島に戻り、
旦那は平常どおりお勤めが再開され
長女と次女の育児に追われ
旦那実家奉公にも追われているのだが


もっと色んなこと知りたいや
それが素直な気持ちだった。


旦那の書斎で本をあさってみる。
とりあえず写真の多い雑誌タイプの本で新しいの…
…あった。


徳大寺有恒の「間違いだらけの輸入車選び」(2006年上半期編)
↑売り切れ(笑)


ぐぐれば色んな情報がどばっと手に入る現代だが
それじゃ無制限すぎて今の私には不向き。
アナログに本を読むのが正解。


「フランスの日常生活がわかる」
「ルノーらしくシートはいい」
「乗り心地も安定」


5速MT…オートマ限定の免許では無いが
クラッチなんて10年踏んでいない
(あれクラッチって踏むって表現でいいんだっけ^^;)


今まで「いつ捨ててやろうか」なんて思っていた、
旦那の車関係の雑誌の類にはじめて興味を持った日。
copyright (C) C'est la mode -en kangoo- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。