C'est la mode -en kangoo-
kangoo authentique との日々。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
車庫証明、申請する。
2006年 01月 31日 (火) 21:19 | 編集
車庫証明の届出がやっと済んだ。
まだ申請しただけれど。

用紙の購入に50円
申請時に証紙2100円
どうやら受け取り時に更に550円証紙が要るようだ

これ全部交通安全協会に入る?
交通安全協会ってほんとに要るんだろうか…って本音


ヴェントは11万ちょっとの修理見積
やる気のないサービスの態度に
「これからも直して乗っていく大事な車なのに」って思っちゃった
営業だけはやる気まんまんでしたよ
ジェッタのカタログとか渡してきて
「ご主人様によろしく」だそうです

ばっかじゃねーのって感じ


旦那愛車を傷つけたことで
少々カングーへの気持ちが萎えている
申し訳なくって。
でもまぁ、、、落ち込むのはホドホドにして
また楽しい気持ちに戻らなきゃ
スポンサーサイト
またヴェントを怪我させてしまった。
2006年 01月 30日 (月) 20:53 | 編集
カングーはあくまで私の車ということで
旦那はこれからもフォルクスワーゲンヴェントVR6に乗り続けるつもり。
私が二度事故した際、
その頑丈なボディをゆがませることで私たちを守ってくれたヴェント。
そのたびにキレイになおしてるし
去年はエアコン壊れて入れ替えたし
車検もまだあと一年残ってるし
何より旦那が大好きな愛車だ。


私も大好きな車だ。
なのに。またやってしまった。
ドカンと。接触事故。


細かいことは抜きにして
私にも「もうちょっと心に余裕をもって待ってやるのが正解だった」との後悔があるが、
状況を話した保険屋さんにも旦那にも同情される事故でした
二回目の事故のときと同じ左前の接触。
見た目はたいしたことないけど、
全体的に微妙にずれちゃってそう。


新車納車を控えてるので、
まわりはそろって「いいタイミング」「廃車にすれば」というが
そして、旦那も「いざとなったら廃車」と笑うが


旦那、ほんとは悲しいはず。
なんとか、なおして旦那に返してあげたい。
ああ、ヘソクリさえロクにためられないダメ妻な自分を呪うよ涙


明日、ヴェントのホームドクターであるDUO南広島にいってみます
安く直せるといいんだけれど…


きっと営業さんが「トゥーランなんかいかがですか」って揉み手でくるんだろうな
「カングーかいました」とは言われんねぇ
広島輸入車ショウに行く。
2006年 01月 29日 (日) 07:39 | 編集
購入することになったカングーオーセンティックはオーディオレスです。
なので今日はまずスーパーオートバックスでカーオーディオの調査。


スピーカーも無いので(笑)、配線とかどんなもんかと店員に尋ねるが
カングーは経験がないので実際みてみないとわからないといわれる。
そりゃそーだ!!


旦那と、カングーにどんなオーディオをつけるか話し合う。
シンプルなアナログっぽいもの、という希望は一致したが
そうなるとナカミチ
ナカミチ、シンプルでアナログででも技術は最新鋭反映で素敵だけど
少々高いかな。
「質実剛健なオーセンティックだからみためアナログなオーディオ、高くても」

「折角廉価なモデルなのだから見栄えが少々派手でも安くて性能のいいもの」
かで迷うところだ。


カタログいっぱいもらいました。
契約までは短かったけど
これから色んな楽しみがある
今まで、なんで世の男はああいうカー用品店で長時間買うでもなくうろついていられるのか理解できなかったのだが
ちょっとだけわかるようになってきた



時間がまだあったので、広島輸入車ショウへ。
こないだ入場券をもらっていたので。
レディースチケット特典の抽選は、
3等のクラークシーゲル焼き菓子セットがあたりました
こどもへのお土産もゲット。


旦那はそれでもアウディとかボルボとかみてまわっていたが
私はなんとなくルノー近辺をウロウロ。
近くにフィアットのパンダもあったが、
荷物スペースの差にやっぱカングーでよかったと思う。


展示されている新型カングーは
フルカラードだった。
なんか、あの黒い縁取りっぽいデザインがお気に入りなので
フルカラードには少々ひいた。


でも、カングーのまわりって小さい子連れのファミリーが多い
とある家族の会話がきこえてきた
若い旦那さんが、ものすごく嬉しそうに奥さんに言う
「これ面白いよ!ラクティスなんかより全然面白い!
 中もぶち広いで?」
奥さん、怪訝そうに
「…そうかなぁ~~?」


そうか、ラクティス。
カングーってファンカーゴとどこか似てるから
今はラクティスになるわけだ。


でもカングーの方がいいじゃん!
旦那さん、頑張れ!奥さんに負けるな(笑)
再度福山のディーラーへ
2006年 01月 28日 (土) 07:20 | 編集
長女を実家に頼んで福山のディーラーへ。
この移動が結構キツイ。


西条ICから福山東ICまで完全に上で走ると
1850円。これちょっと痛いのね。
だから、下の道で殆ど頑張って、
福山西~福山東の一番混むとこだけ高速使う。
これだと650円で済むけれど
時間にして約2時間です。
で、帰りも節約したいのに、たいてい帰りは時間がないから
ええいって1850円払っちゃう。
で、ガソリンも半分くらい減るから、
2500円位?
もちょっと近かったら助かるんだけどな…と
ルノー広島が中古を扱ってないのが恨めしい。


着いてすぐ、営業のSさんが出迎えてくれた。
私ら夫婦はこのSさんを、影で「一条」と呼んでいる。
わかりますかね。漫画「カイジ」に出てきた裏カジノ雇われ支配人。
別にSさんが支配人なわけでは無いのですが
なんとなく、ですかね。
「一条め!」と影で(笑)


色々すったもんだがあったけれど、
無事契約の運びとなりました。
決めるのはやいでしょ私ら(笑)
こういうことは夫婦してノリが良い。
金額正式決定させて、前金だけ払ってきました。


7日にオートプラネットで一目ぼれしてから
三週間で契約のはやさ。
でも、後悔しないように、ほんとに色々お勉強した。
そしてこれからもお勉強。特に私はね。


そうそう、旦那の家族の反応は。
もっと攻撃されるかと思ったら、
案外すんなり新車購入を受け入れてくれた。
旦那が貯金は崩さない、ローンも組まないと説明したからだろうか。
しかし、赤カングーをみて
「なんじゃこりゃ、郵便局かいの!」
と軽くつっこみをいれてくれた舅、
ええ、仏本国じゃ郵便局仕様がありますよ(笑)


夕飯は焼肉屋へ。
新車購入のお祝いで。
ドライバーだったからお酒のめなかったけど、
嬉しそうな旦那の顔に、
こういう車好きのO型の旦那じゃなきゃ
こうもスピード購入にはならなかっただろうなと感謝
歳も違うし性格も違うから衝突も多いけど
この人んとこ嫁いで楽しいこと多いなぁと思った


まぁいつも喧嘩ばかりで悪態ついてばかりの二人なので
たまにはこういう気持ちも悪くないですな
カングーオーナーさんたちの暖かさ
2006年 01月 24日 (火) 20:18 | 編集
不躾無作法ないきなりのタノモーに
カングーオーナーさんたちは暖かかった
親切に教えて下さる。本当に有難い。


オーセンティックに正規で飛行機収納を後付する際の費用がわかった
なんと20万軽く超えるそうだ
それなら飛行機収納要らない^^;


サイトのオプションをみると
飛行機収納の無いオーセンティック向けに
クロスバー&ネットというのがある(リンク先を下にスクロールしていけば出てきます)
これなら廉価で、いい感じ?


シトラスサウンドパックの色は
個人的には好きです
ただ、「こどもの笑顔」がキーワードだった今回のカングー一目惚れ
長女が乗りたがっている「赤い車」
それを考えると、赤オーセンティックに心が動いた


どうやら旦那、
色々と検討して、
私の知らないところで色んな計算して、
資金計画をたててくれていた模様
購入資金もなんとかできないこともないらしい
(我が家は妻より夫のほうが数字、貯金に強い)
私が色々と倹約したりしなきゃ成り立たない数字だけれど


オマエの車を買うんだから頑張れるな?
うん、頑張るよ!


昨日の昼間から旦那は仕事の合間にディーラーと商談し
(忙しいと言っていたのに無理をしているのだろう)
かなりのところまで話がつまったらしい
昼間、「決まり」とメールがきた



決まり?
えっ、買えるの?
カングー、いいの?


「ラテン車買うことになるとはのー」と独り言をもらしていた旦那
嬉しそうでもあり、困ったようでもあり。
私に言う、「欠点も含めて受け入れられなきゃ駄目なんだぞ」


旦那は何故、買ってくれるのだろう、カングー。
自分も興味をもった?
私のために?


そのどちらもあるのかもしれないけど
後者だと思うことにする
そのほうが幸せじゃない?


お昼から、嬉しくてにやけっぱなし
旦那が本を出してきた
2006年 01月 23日 (月) 18:58 | 編集
昨日福山から戻ると、
旦那が自分の部屋から本を持ってきて
「はい、お勉強しな」と言った。








そして、ネットにきっとクチコミがたくさんあるはずだから、
いいとこも悪いとこも一通りチェックしなさい、
自分は時間が無いから結果も教えるように。
オーセンティックとシトラスサウンドパック、レギュラータイプの
印象のようなものもきけたらききなさい。


そう指令が下りた。
本を読むのはいい。
ちょっと興味がわいただけで、
クルマ関係の本が楽しくてしょうがないから。
ネット検索も時間さえかければできる。


ただ、印象をたずねるといっても…誰に?
フランス車のことロクにわからない私がたずねて、
誰が教えてくれるというのだ?
カングーオーナーのサイトはたくさんあり、
それをいくつかROMってはいたが、
皆さんすごくコアなオーナーさんたちのようだし


もう、ほんとに清水の舞台飛び降りるって感じで
その中で一番メジャーっぽいサイトのBBSに
不躾無作法を承知で「たのもー!!!」


きっと昼間はお仕事の方が多いはずだから
返事がもらえるとしたら夜?
どうしよう門前払いされたら
まるっきりスルーもいやぁ!
((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル


しかしうちの旦那の書棚は、
徳大寺ものが多いなぁ?
以前広島市内のアパートだったとき
ケーブルテレビでよくみたおじさんよね
自動車会社の広報の人とかに辛辣コメントしまくってて
それを旦那大笑いしながらみてたっけ


謎のおじさんだ
とりあえずコレステロール値高そう(笑
≫ "旦那が本を出してきた" の続きを読む...
福山のディーラーへ
2006年 01月 22日 (日) 21:42 | 編集
朝、旦那が言った
「今日は福山に在庫みにいこうや」
広島県内といえども近くない。
次女は実家に預かってもらって
「買い物」とだけ言って出かけた。


「今日はみにいくだけだからね、その気にならないように」
旦那が私に釘を刺す。
そう、旦那の真意がわからない。


以前から、そのうち私にもクルマを買ってくれるといっていた
ただ、うちは決して裕福でないし
マンションのローンだってある
この春から長女は幼稚園でだんだんと学資もかかってくるし
まさか、カングーを買ってもらえるとは思えないのだ。


でも、旦那はこうも言った
「カングーが好き、って思ったなら
 そういう直感は大事なんじゃ、忘れちゃいけん」
何パーセントかは買ってもいいと思っている?


次にクルマを買うことがあるとしたら
旦那が自動車通勤でなければ厳しい支店に転勤になって
私にもマイカーが必要になったときか。
又は今の車がメゲて乗り換えることになったときか。
そのどっちかと思っているので


そのどちらにも当てはまらないカングーは
やっぱりドライブがてらの冷やかしなのだろう
だからこそ釘をさしてきたのだろう


そんなこと考えながら、2時間近くかけて福山到着


ルノー福山は新しい
日産系のディーラーではないらしい
若いおにいさん店員が出てきた。
新古車の赤オーセンティックと、シトラスサウンドパックをみせてくれた。


それぞれ見積もりをとり、
オーセンティックに飛行機収納を正規で後付する場合の見積もりもとり、
一通り話をきいた。
ここでも新型カングーは一件受注があったそうな。
どんな人?ときくと「芸術家の方です」と返答
芸術家??建築士とかかしらね
広島のディーラーへ
2006年 01月 21日 (土) 09:33 | 編集
新型が発表になった。
サイトも確認した。


内装がなんだか国産車みたいになってきた?
よくなるにこしたことは無いのだろうが
最初にときめいたカングーのスタイルから
ちょっと遠ざかってしまったように思えた


新型の契約は、既に一件入ってるそうな
ニュービートルからの乗り換え、
お子様がご誕生されるからとのこと。


あたしと同じように子供の笑顔浮かんじゃったのかな、
なんて思ったりして。


ただ旦那は
ききたいことが返ってこない、若い女性店員に少々不満の模様
ルノーで一番安いクルマだからなのか
明らかに一見さんで買いそうにみえなかったからなのか
カングーみたいという人には皆そうなのか
たまたまなのか知らないけれど


まぁ、確かに今の時点じゃ冷やかしみたいなもんだから
仕方ないのかな。
私としては辣腕の営業さんが旦那の心をゲットして
「しょうがない、買ってやるか」と言い出してくれたら嬉しいので
今日のディーラーの応対はあまり満足できなかった。
旦那所蔵本をまた読む。
2006年 01月 17日 (火) 20:25 | 編集
旦那の本を読んだ。
トイレに置きっぱなしになっていたので笑






はぁ、一気に読破
全然知らないことばかりだった。
私の運転は、よくないことばっかりだった。
そして、読破と言いながら、わからない言葉ばっかり


女ってほんと何も知らないでよくクルマ乗ってるなぁと
自分のことなのにびっくりしてしまう
(勿論よくご存知な女性もいらっしゃいますが)
わからない言葉っていっても、
男性なら誰でも当然知ってる単語ばかりなのだ。
私の耳にもよく届いてるのに、
なぜ今まで「知ろう」と思わなかったのだろう。


ネット百科事典で検索かけながらもう一度読もう。
最初の検索ワードは…「シリンダー
あーーそこの人見捨てないでーー
たぶんクルマに乗ってる主婦の殆どがわからないんだから!
オーセンティック
2006年 01月 16日 (月) 21:42 | 編集
オーセンティックが少しだけわかった


要は
省略できるとこ省略して
シンプルにして廉価にしたもの。
ってことでよろしいでしょうか。


でもでも
よくわからないなりに、らしさが伝わってくる感じ。
それにあまりゴテゴテ重装備じゃないってことは
色々と自分好みに仕上げられるってことですよね。


そういうのの赤が福山にあったわけで。
でももうすぐ新型発表されるなら
中古や新古よりとりあえず発表を待ちたいなぁ


オーセンティック、ルノージャポンのページ


オーセンティック(authentic)の意味も辞書検索
うわお国語辞典にものってる、私が莫迦なんかいな
…本物であるさま、伝統的であるさま
だそうです
中古車情報
2006年 01月 13日 (金) 21:32 | 編集
週末になり、やっと娯楽でネットをする時間が作れた旦那
何やらPCに向かい中古車検索をしている
いつもの光景だ。


「おい、オマエの欲しい赤のカングー、広島にあるで」


ハッチバックかダブルドアか表記の仕方もよくわからなかったが
どうやら赤のダブルドアが新古車である模様


広島といっても広島県福山市だった
遠いじゃん。みにいくのも大儀ィ
そう思いながらも、
なんだかドキドキ焦りはじめた私。


とりあえずオーセンティックってなんのことでしょう
調べることいっぱい
でも楽しい
セカンドカーの妄想
2006年 01月 12日 (木) 21:20 | 編集
マンションの10階に住んでいる。
玄関を出て共有廊下に出ると、地上の平面駐車場がみえる。
一番道路側にうちが契約してる駐車場がある。


窮屈そうにヴェントがとまっている。
後部座席のアタマの後ろに、
おきっぱなしの次女用だっこひもがみえている。


車がなきゃ生活が少々辛い地域なので
マンションの住民はみんな車を持っている
セカンドカー所有の家も多い
だから駐車場は激戦
空きが出ても抽選、今まで2回落選している。


ママさん用のタントやフィットなんかがたくさんある中に、
あの中にカングーとまってたら…。


ちょっと想像してニヤリと笑う
最近こんな妄想ばっかり
旦那の書斎で本をあさる。
2006年 01月 10日 (火) 19:39 | 編集
カングーのこともっと知りたくなった。
旦那の言っていた「ラテン車」って呼び方さえ
全く車音痴な私にとってははじめて聞くようなもので。


広島に戻り、
旦那は平常どおりお勤めが再開され
長女と次女の育児に追われ
旦那実家奉公にも追われているのだが


もっと色んなこと知りたいや
それが素直な気持ちだった。


旦那の書斎で本をあさってみる。
とりあえず写真の多い雑誌タイプの本で新しいの…
…あった。


徳大寺有恒の「間違いだらけの輸入車選び」(2006年上半期編)
↑売り切れ(笑)


ぐぐれば色んな情報がどばっと手に入る現代だが
それじゃ無制限すぎて今の私には不向き。
アナログに本を読むのが正解。


「フランスの日常生活がわかる」
「ルノーらしくシートはいい」
「乗り心地も安定」


5速MT…オートマ限定の免許では無いが
クラッチなんて10年踏んでいない
(あれクラッチって踏むって表現でいいんだっけ^^;)


今まで「いつ捨ててやろうか」なんて思っていた、
旦那の車関係の雑誌の類にはじめて興味を持った日。
カタログを穴があくほど
2006年 01月 09日 (月) 19:14 | 編集
ルノー星が丘でもらったカタログは
実家で出されたポテトチップスの油であっという間に汚れ放題

で気が楽になって何度も何度もくりかえし見る
…読む、というほど文章が無い


思ったとおり長女は、
赤いカングーのページで歓声をあげる


赤!nutsちゃんの大好きーな赤!
いいね、これ乗ろっかぁ!


クルマのカタログをこれほど穴があくほどみたのってはじめてじゃなかろうか
欲しかったポロでさえ、さっと流しただけのような記憶が…


旦那に、広島に帰ったら広島のディーラーに行きたいというと
「ええで!みにいこうや!」


車好きの旦那がみにいってみたくてのノリなのか
勿論ただの冷やかしで行くに決まってる
ノリが良すぎるため、よく勘違いするんだ私は
旦那が本気で言ってるんじゃないかってよく勘違い。

車のことよくわからないけれどなんだかこの車すごく欲しいんです
…心の中で言いました
勿体無い
そんな贅沢できない
あたしなんかに輸入車を所有できるはずない
だから駄目だよ本気で買って欲しいなんて言っちゃ。
「買えるわけないだろう莫迦かお前」
そういわれちゃったら今の楽しい気持ちが一瞬でなくなっちゃうー

ディーラーへ
2006年 01月 08日 (日) 19:01 | 編集
オートプラネットでのカングーとの遭遇
そのほんのわずかな時間に感じた色んなこと
なんだか楽しくってすぐ旦那に話した

旦那は笑って言った
「おっしゃディーラーにみにいこうや!
 名古屋のディーラーどこじゃ、調べ!」

旦那の愛車のタイヤ交換を秋山タイヤに頼んでいる間に
携帯でルノーを調べてみる。
ルノー星が丘
名古屋に来る前に雪で汚れたventoを打越のGSで洗車してもらい
その間に徒歩でルノーへと行ってみる。
現行はどんなのなんだろ?
長女の好きな赤、あるかな?

店の前にちまっと止まっていたのは
まさに赤、まっかっかのカングー。
黒と赤のコントラストがすごく素敵。
ウインドウガラスに貼ってあるシールが
上下逆に貼ってあるのがまた「有り得ない!」って感じで笑える

1月20日に新型が発表になるんですよ!
スタッフの人の言葉になんだか胸が躍る

…でもまだ愛車の車検1年あるし
国産中古軽ならまだしも、セカンドカーなんて…
でも「もし買ったら」それ考えて顔がゆるむ
出会い
2006年 01月 07日 (土) 18:49 | 編集
名古屋里帰り中、ふらりと立ち寄ったオートプラネット

旦那の影響(愛車はvw-vento)で欲しかったポロ(丸目紺)も
ミーハー気分でみてみたかったニューパンダも無く
つまんないな-
とやる気なく場内をうろついていた私の目にとまった車

旦那の買う雑誌で名前とその姿は知っていた
ちょうど前日、広島の繁華街で商用車をみていた
ああ、これがカングー

そして心を奪われた
何もかも。樹脂バンパーもヘンな顔も
省略しまくりの内装も
なのになんだかすわり心地の良いシートも。
それから狭い駐車場で便利そうな両側スライドドアも
もしか3人目生んでも大丈夫そうなリア3人分の3点式シートベルトも
何もかも。

このクルマ持ったら?
このクルマがある生活だったら?
そう考えたら、娘たちの笑顔が何故か浮かんだ

並行カングー


copyright (C) C'est la mode -en kangoo- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。