C'est la mode -en kangoo-
kangoo authentique との日々。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福山のディーラーへ
2006年 01月 22日 (日) 21:42 | 編集
朝、旦那が言った
「今日は福山に在庫みにいこうや」
広島県内といえども近くない。
次女は実家に預かってもらって
「買い物」とだけ言って出かけた。


「今日はみにいくだけだからね、その気にならないように」
旦那が私に釘を刺す。
そう、旦那の真意がわからない。


以前から、そのうち私にもクルマを買ってくれるといっていた
ただ、うちは決して裕福でないし
マンションのローンだってある
この春から長女は幼稚園でだんだんと学資もかかってくるし
まさか、カングーを買ってもらえるとは思えないのだ。


でも、旦那はこうも言った
「カングーが好き、って思ったなら
 そういう直感は大事なんじゃ、忘れちゃいけん」
何パーセントかは買ってもいいと思っている?


次にクルマを買うことがあるとしたら
旦那が自動車通勤でなければ厳しい支店に転勤になって
私にもマイカーが必要になったときか。
又は今の車がメゲて乗り換えることになったときか。
そのどっちかと思っているので


そのどちらにも当てはまらないカングーは
やっぱりドライブがてらの冷やかしなのだろう
だからこそ釘をさしてきたのだろう


そんなこと考えながら、2時間近くかけて福山到着


ルノー福山は新しい
日産系のディーラーではないらしい
若いおにいさん店員が出てきた。
新古車の赤オーセンティックと、シトラスサウンドパックをみせてくれた。


それぞれ見積もりをとり、
オーセンティックに飛行機収納を正規で後付する場合の見積もりもとり、
一通り話をきいた。
ここでも新型カングーは一件受注があったそうな。
どんな人?ときくと「芸術家の方です」と返答
芸術家??建築士とかかしらね
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) C'est la mode -en kangoo- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。