C'est la mode -en kangoo-
kangoo authentique との日々。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月12日土曜日の日記。
2006年 08月 20日 (日) 21:27 | 編集
名古屋里帰りも終盤になった12日、
前日広島から名古屋で新幹線で合流した旦那も一緒に
木曽福島へとお墓参りにいきました。

えっと、市町村合併で、今は木曽町?よくわかんないけど。

朝7時過ぎに家を出て、名古屋ICから高速道路へ。
中央道分岐の手前で渋滞になりましたが、
基本的には流れてました、この日は。


途中、恵那峡SAで休憩。
ここで黄色のカングーをみかけました。
大混雑だったので、天井部分がみえただけだったので、
私には旧顔か新顔かもわかりませんでした…
このSAでは、数日前にあった友人と遭遇していたようです。
私は気づかなかったのだけど、
友人は真っ赤なカングーに気づいてくれたようで。
目立つ車です…。


で、中津川ICでおりて、19号線をひたすら北上。
中津川IC

古めかしいセドリックは父の車です(17万キロ走ってます)。
父、母、祖母がセドリックで同行してます。
(こういうときは、「大きい車かっとけば乗せてあげられたのに」と、カングーを買ったことを後悔する一瞬です)

木曽福島という文字をみると胸がキュンとします
私の故郷ではなく、母と祖母の故郷なのですが、
やっぱり私の縁の場所だからか、胸がキュンとします。


途中、中央西線と並走します。
これは特急しなの?旧型の車両です。別の名前なのかな?
しなの?

昔、祖父母と電車で木曽にむかう途中、
仕事をおえて合流しようと19号線をひた走る父のコロナ(笑)を車窓からみつけて大騒ぎしたことを思い出しました。
あれから25・6年たつのか…



お墓参りの前に、水無神社という神社におまいりに。
7月に、「みこしまくり」という荒っぽいお祭りがあり、
氏子の家の赤ちゃんは、そのお祭りのとき、
おみこしの下をくぐらせてもらうという風習があるのです。
今でこそ住んでいない木曽ですが、
私の曽祖父が氏子総代だったこともあり、
私も、兄も、
私の長女も、兄のところの姪っ子も、
このおみこしをくぐって、「健康に育つように」と祈ってもらいました。

ところが、次女だけはこれをしていないのです。
それで、訳を話して、神饌料をお渡しして、お参りさせていただいたのです。
これで、安心。次女だけしていないのが、気がかりだったので…

神社に居る間に雷雨がきて、とりあえず墓参の前にお昼ご飯をとることにしました。
行き先は、くるまや。
木曽福島のお蕎麦屋さんです。

黒い、田舎っぽい蕎麦です。
この日は混んでいたせいか、ちょっとゆですぎのような気もしないでもなかったのですが、コシが強くて私の大好きなお蕎麦です。
お蕎麦

長女も、1歳をすぎておそば解禁になっている次女も、ものすごい食べっぷり。
長女

長女「おいしい~~」と食べる食べる。私のがなくなっちゃうくらい。やっぱりおいしいもんはわかるんだな、こどもでも。


墓参をすませた後は、翌日に広島へのロングドライブを控えていることもあり、はやめに名古屋へと戻りました。
五平餅食べなかったのが心残り…かな?

中津川のあたりで、またもや黄色のカングーと遭遇。
手をふったけれど、気づいてもらえなかった…(涙)
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
開田高原がお気に入りの場所です。特に紅葉シーズンは白樺と落葉松がきれいで、山が黄金色になるんですね。何度見ても飽きないので4回くらい行ったことがあります。
お蕎麦もおいしいですよね。開田村も木曽町になってしまい、ちょっと残念です。
2006/ 08/ 21 (月) 12: 36: 17 | URL | chinta # -[ 編集 ]
開田ですか~初秋のすすき、コスモス、白樺!な道がよいですよね。ソフトクリームおいしいし。地蔵トンネルできて便利になりましたw
2006/ 08/ 22 (火) 07: 45: 48 | URL | U # JalddpaA[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) C'est la mode -en kangoo- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。