C'est la mode -en kangoo-
kangoo authentique との日々。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旦那の書斎で本をあさる。
2006年 01月 10日 (火) 19:39 | 編集
カングーのこともっと知りたくなった。
旦那の言っていた「ラテン車」って呼び方さえ
全く車音痴な私にとってははじめて聞くようなもので。


広島に戻り、
旦那は平常どおりお勤めが再開され
長女と次女の育児に追われ
旦那実家奉公にも追われているのだが


もっと色んなこと知りたいや
それが素直な気持ちだった。


旦那の書斎で本をあさってみる。
とりあえず写真の多い雑誌タイプの本で新しいの…
…あった。


徳大寺有恒の「間違いだらけの輸入車選び」(2006年上半期編)
↑売り切れ(笑)


ぐぐれば色んな情報がどばっと手に入る現代だが
それじゃ無制限すぎて今の私には不向き。
アナログに本を読むのが正解。


「フランスの日常生活がわかる」
「ルノーらしくシートはいい」
「乗り心地も安定」


5速MT…オートマ限定の免許では無いが
クラッチなんて10年踏んでいない
(あれクラッチって踏むって表現でいいんだっけ^^;)


今まで「いつ捨ててやろうか」なんて思っていた、
旦那の車関係の雑誌の類にはじめて興味を持った日。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) C'est la mode -en kangoo- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。