C'est la mode -en kangoo-
kangoo authentique との日々。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
VENTOのその後
2006年 07月 07日 (金) 16:03 | 編集
ミッション系トラブルとなった旦那愛車vento。
修理に20万かかります。

旦那は、手放すことも検討しはじめました。
笑いながら、手放すことを私に話し、
車を二台所有する、経済上の問題にもふれ、
「なっそう思わん?」と同意を求める旦那。


なんて返したらいいのでしょう?


そもそもカングー買ってなかったら、
旦那の車はきっと即なおしてたはずなんです。
それか、手放すにしても、
旦那の好みで、旦那の運転するファミリーカーとして、
次の車が選ばれたはずなんです。

そこでカングーが出てくる可能性も無いとはいいませんが、
きっと違う車が選ばれた。
ソレくらい、カングーは、私の気に入った、私の車なのです。


旦那がどういう答えを最後に選択するのか…



改めて、旦那の車の諸元表をみてみた。

全長4370mm、全幅1695mmのボディ。
なのにV型6気筒2791cc
…浮くというかすっ飛ぶというか、
とにかく爆発する車。

時代を感じさせるけれど、シンプルで上品なデザイン(おしりが好き)。
自分の運転技術があがったんじゃと錯覚をおこす操作性。
ゴルフバッグの横置きは勿論、想像以上に広いトランクルーム。

すごいセダンだなぁと思います。




まだまだ現役でいて欲しいのですが…
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) C'est la mode -en kangoo- all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。